男性版イライラしたときの対処法

基本的に、男性は女性に比べると細かいことにイライラすることはありません。また、男性の場合は「自分ならこうあるべきだ」とか「男なのだからもっとこうでなければならない」というプライドのせいか、そのイライラは自分自身に向けられるケースが多いです。こうした男性ならではの高いプライドが原因で、何かにつけて恥ずかしく思ったり、情けないと感じたりしてしまうと、イライラが生じることになります。

さらに、「なぜ自分だけが…」という悔しさや無念さも男性のほうが強く現れる傾向があります。そして、家族に対する愛情と責任感の強さも忘れてはなりませんね。その愛情や責任を支えるための仕事が、男性にとってのイライラの原因へとつながるわけです。以前は、仕事上のイライラやストレスが溜まれば、気の合う友人と呑むなり、スポーツ等をするなりして、上手にイライラやストレスを解消する人が多かったようです。

しかし、その後の社会や労働環境の変化に伴い、友人とともに同じ時間を過ごす機会が徐々に減少傾向にあります。デジタル機器に囲まれた生活は、ストレスとイライラを生み出す原因にもなります。最近では夫婦ともに働きに出る家庭が増えており、それに伴い家庭での団らんの時間が減ってきていると言えるでしょう。

同時に、イライラ解消に役立つ更年期障害についての事例も多く紹介されるようになりました。肉体的および精神的苦痛を抑え込んでしまうと、かえってイライラの原因にもなります。すると、他人に対して八つ当たりをするようになります。最悪の場合、八つ当たりからDVへと発展し、悲しい結果がもたらされてしまいます。やはり、イライラはその都度解消していくのが一番ですね。「肉体的・精神的疲労が溜まってるな」と感じたら、そのたびに弱音を吐くようにしましょう。

コレステロールを下げる!おすすめレシピはこれだよ!

健康診断等で指摘されたコレステロール値を下げるための一週間の食事レシピをご紹介しましょう!!食生活を意識すると共に運動療法をすることでより効果が期待できます。

1.月曜日

 【朝食】
 
 和食が最適です。

・基本は、玄米・味噌汁・納豆にします。

※玄米には、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富に含まれています。

 味噌汁の具はワカメにします。
 
※ワカメのぬめりの元になる水溶性食物繊維のアルギン酸は、コレステロール値・中性脂肪値・血圧の低下に役立ちます。

※納豆は、ビタミンB2を多く含み、過酸化脂質を分解する働きがあります。肥満を防ぐ効果と血液中の余分な脂肪を取り除いてくれます。また、納豆に含まれている大豆たんぱくのグリシニンには、コレステロールや中性脂肪の血中濃度を下げる効果があります。

 【昼食】
 
・牛肉とごぼうの煮物
 
 材料:牛もも肉薄切り・ごぼう・こんにゃく・ニンニク・しょうが・ゴマ油・絹さや
 煮汁:だし・みりん・酒・砂糖・しょうゆ
 
※味付けは、出来るだけ薄味で…。

※ごぼう成分の大部分が、食物繊維です。食物繊維は消化吸収されずにお腹の中を通過するため、胃や腸をきれいに掃除してくれますので、コレステロールの吸収を抑えられます。

※こんにゃくの成分である、グルコマンナンという水溶性食物繊維は、コレステロールの吸収を抑える働きがあります。

 【夕食】

・鮭のガーリックソテー
 
 材料:鮭・塩・こしょう・小麦粉・ブロッコリー・ニンニク・サラダ油・パセリ
 ソース:バター・レモン汁・塩・こしょう
 
※味付けは塩分控えめに、無塩バターがお勧めです。

※鮭の赤い身に含まれるアスタキサンチンは、抗酸化力が非常に高い栄養成分です。血液をサラサラにして、動脈硬化の予防に。さらに、ビタミンA・ビタミンD・ビタミンB群なども豊富に含まれています。

※ブロッコリーには、血中コレステロール値を下げて、善玉コレステロールを増やす葉緑素が含まれています。また、B-カロテンが多く、抗酸化作用があります。

2.火曜日

 【朝食】

・軽めに入れたご飯と脂肪分の少ないイワシと野菜スープ

※コレステロールを下げる効果のあるタンパク質を摂取するために、少なめの納豆をご飯にかける。
 
 野菜スープ
 
 材料:ワカメなどの海藻類・カイワレ大根や適当に切った人参
 スープ:市販のコンソメ

※イワシやワカメなどに含まれる不飽和脂肪酸の効果で悪玉コレステロール値をさげます。

 【昼食】

・筑前煮と豆腐とご飯(軽めに)

 筑前煮
 材料:かぼちゃ・長芋・ごぼう・鶏肉・枝豆等

※かぼちゃには、コレステロール値を下げる効果があり、ついでに血糖値も下げて健康的にしてくれます。 タンパク質の補充で鶏肉を少々入れましょう。また、枝豆などの緑黄色野菜を入れるとコレステロールの低下に効果が…。

 【夕食】

・野菜スープとひじきを付け加えて

 野菜スープ
 
 材料:朝で使った具材にプラスしてアスパラや小松菜などの緑黄色野菜を入れる。

※多くの緑黄色野菜を摂取すると、コレステロール値の低下の他に病気になりにくい体作りに役立ちます。
  
※ひじきのレシピに関しては、スーパーなどで販売されてるひじきの材料で普通に作ってみてください。

3.水曜日

 【朝食】
 
・お勧めはご飯食

朝は忙しく時間のない方は、前日に「炊き込みご飯」を仕掛けておくのもいいでしょう。簡単に出来る「炊き込みご飯の素」などを使えばOKインスタントの味噌汁を合わせれば、豪華な朝食に!!朝食を効率よくとり無駄なコレステロールを作らないようにしましょう。

 【昼食】

・麺類

麺類は噛むことが少なく、スルスルと胃の中へ入ってしまいがちですが、食べてはいけないメニューではありませんのでしっかり噛んで食べるようにしましょう。うどんなどを食べるときには、噛みごたえのある具材を入れるのが良いでしょう。
 
 {例えば}
かために湯がいた人参に少量のごま油としょうゆで香りを出し、大きめのくし形に切ったタマネギと砂糖としょうゆで甘辛く味付けした牛肉を炒めます。焼くことで余分の脂を落とします。タマネギは大きく切って、歯ごたえを出しましょう。

※最後に汁は飲まずに、ヨーグルトや酢の物など、酸味を感じるものを、お口直しに一品加えるとか?

※しっかり噛んで食べると、コレステロールが作られるのを防ぎ、酸味のある食べ物でコレステロールが消費されやすくなります。

※お昼に軽い散歩などの運動をすることで、コレステロールを減らすための中性脂肪の消費も促されます。

 【夕食】

・魚の煮物

 材料:鰹つゆ・酒・みりん・砂糖を1・1・1・1の分量で煮立たせ、分量外のしょうゆを味を見ながら入れ煮汁をつくる
 作り方:煮汁の中へ魚を入れ、落とし蓋(アルミホイルなど)をし、10分位弱火で煮る。その時に5センチ幅に切ったネギを入れておくと、煮汁のしみた美味しい添え野菜もできます。

※付け合わせとして季節の野菜で作ったお汁と、コレステロールの分解を助けてくれる柑橘系の果物も一緒に食べると良いですね。

※無駄なコレステロールが作られることを防ぎ、酸味のある食べ物合わせることでコレステロールの消費を促しましょう。

4.木曜日

 【朝食】

・麦ご飯・秋刀魚の塩焼き・ワカメの味噌汁・長芋の漬物

※他の細かい材料は、似た働きのものと変えても良いですが、麦ご飯だけは変えないでください。麦ご飯に多く含まれている水溶性食物繊維で、コレステロールの排出を促しますので…。

※水溶性食物繊維は「長芋・ワカメ」からもムチンとアルギニンという形で摂ることができるのです。

※大豆から摂れるレシチンは、コレステロールを分解し、血管に付着したコレステロールを除去し、善玉コレステロールを増やす役割がありますので、味噌汁でなくても良いので必ず使うようにしましょう。

※秋刀魚は、鯵・鰯・鯖などの青魚に変えてもいいですよ。青魚に含まれるEPAやDHAで、悪玉コレステロールを増やす中性脂肪を抑えることが目的ですから、お好みで変えて楽しみましょう。

 【昼食】

・麦ご飯を使った海鮮中華丼

※コレステロール値を下げるには、体内に溜まったコレステロールを取り除く必要がありますので「麦」は積極的に摂り入れましょう。

 材料:イカやホタテ、可能ならサザエなどに…これらに含まれるタウリンは、肝臓の機能を高め、コレステロールを体から出す働きを促進してくれます。

※デザートにお好みでリンゴを皮ごとどうぞ!!リンゴの皮も水溶性食物繊維が含まれています。
 
 【夕食】

・麦ご飯
・鰯の洋風焼き魚
・サラダ

 夕食も麦ご飯を摂取します。

※麦の水溶性食物繊維がコレステロール値を下げてくれる働きがありますが、白米が混ざったもので良いです。麦の量は自分の目標に合わせて調節しましょう。

鰯はオリーブオイルを使って、フライパンで焼きます。

※鰯のに含まれるEPAやDHAで悪玉コレステロールを抑え、オリーブオイルに含まれる一価不飽和脂肪酸がコレステロールの酸化を抑えてくれます。

副菜としてかぼちゃやアボカド・枝豆やりんごなどを加えたサラダを添えましょう。

※かぼちゃやアボカドに含まれるビタミンEがコレステロールの酸化を防ぎ、りんごや枝豆に含まれる食物繊維が排出を促します。
 合わせてドレッシングもオリーブオイルや卵黄を使用して手作りすると、さらに良い食事になりますね。

5.金曜日

 【朝食】

・全粒粉のパンのトースト
・アボカドとりんごのフルーツサラダ
・青汁を溶かしたミルク

※全粒の小麦には、体の中の余分なコレステロールをキャッチして体外へ排出してくれる働きがあります。

※アボカドには、コレステロールを下げる働きがある不飽和脂肪酸・オレイン酸・リノール酸・リノレン酸などが豊富に含まれています。

※りんごや青汁に含まれる食物繊維も、腸の中でコレステロールを包み込み体の外へ排出する働きがあり、コレステロール値を下げる効果があります。

 【昼食】

・サーモンとブロッコリーのパスタ(オリーブオイルを使用)
・フルーツ入り寒天ゼリー

※オメガ3脂肪が豊富なサーモンは、血液をサラサラにする善玉コレステロールの働きを助け、血管を詰まらせ動脈硬化などの原因となる悪玉コレステロールの働きを抑えてくれます。

※ブロッコリーや寒天に含まれる食物繊維には、悪玉コレステロールを体の外へ排出し、コレステロール値を下げる働きがあります。

※オリーブオイルに含まれるオレイン酸には、悪玉コレステロール値を下げる働きがあります。

 【夕食】

・牡蠣の土鍋(豆腐とほうれん草入り)

※牡蠣に含まれるタウリンには、コレステロールの排出を促して血液中のコレステロール値を減少させてくれる働きがあります。

※豆腐の原料である大豆に多く含まれるレシチンには、コレステロールを分解したり、血管壁に張り付いたコレステロールを取ってくれる働きがあります。また善玉コレステロールも増やしてくれるのです。

※ほうれん草に含まれてる食物繊維は、腸内でコレステロールを吸着して、体の外へ排出してくれる働きがあります。

6.土曜日

 【朝食】

・ご飯
・味噌汁(里芋・シメジ入り)

※パンは悪玉コレステロールが多い食品ですので、朝食はパンよりもご飯が良いですね。

※味噌汁には大豆サポニンが含まれているため、血管内のコレステロールを流してくれる役割があります。色々な具材も取り入れやすいですね。

※今日の里芋とシメジのお味噌汁の効果としては里芋には水溶性食物繊維が多く含まれていますので、コレステロールの吸収を抑え体外に排出してくれます。シメジ(キノコ類)には、余分なコレステロールを排出し、B-グルカンがコレステロールを下げます。

 【昼食】

※外食をする人も多いですが、揚げ物系は避けるようにしましょう。

※コレステロールを下げる効果のある「鯖の塩焼き定食」など、青魚を使用したメニューなどを選ぶと良いでしょう。鯖などの青魚にはEPAやDHAといった脂肪酸が多く含まれていて、善玉コレステロールを増やし悪玉コレステロールを減らす働きを持っています。

 【夕食】

※コレステロールを下げるためには洋食よりも和食を…体への負担も考え量を減らしましょう。

・豚とかぶの煮物

※寒い時期にも体が温まり、コレステロールも下げます。かぶに多く含まれている不溶性食物繊維の働きによるもので、体内の余分なコレステロールを排出する作用があります。

※豚肉には、肌や血管の弾力性を保つタンパク質が多く含まれているので、牛肉や鶏肉と比べても「コラーゲン」が多いです。

※豚肉には、リノール酸が多く含まれていて、このリノール酸は悪玉コレステロールを分解する働きを持っています。豚肉そのものが持つコレステロール値も、牛肉や鶏肉などと比べても最も低いという良い特性があります。

7.日曜日

 【朝食】

・ご飯(120g)
・ワカメと豆腐の味噌汁
・アジの塩焼き
・キャベツのゆかり和え
 
 ≪ワカメと豆腐の味噌汁≫
 
 材料:木綿豆腐(50g)・ワカメ(5g)・小口ネギ(少々)・味噌(約10g)・だし(お好みのも)

 ≪アジの塩焼き≫
 
 材料:アジ(中位の大きさの1尾)・塩(少々)

 ≪キャベツのゆかり和え≫

 材料:キャベツ(30g)・ゆかり(少々)

※ワカメや豆腐・青魚のアジ・ゆかりの原料のシソにはコレステロールを体外へ排出する働きがあり、コレステロール値を下げる効果があります。

※朝からこのような食材を摂ることが健康維持につながります。

 【昼食】

・豆腐のお好み焼き(1人分)

 材料:キャベツ(約3枚)・木綿豆腐(50g)・豚ミンチ(30g)・小麦粉(50g)・だし(少々)・オリーブオイル(大さじ1)
    ソース(お好みの量)・お好みで粉カツオ・紅ショウガ

※コレステロールを下げる働きのある木綿豆腐を生地に練り込み、悪玉(LDL)コレステロールだけを下げるオリーブオイルを使うことでお好み焼きもコレステロールを下げる料理になるのです。

※だしを効かせると卵を入れなくても、十分ヘルシーな美味しいお好み焼きになります。

 【夕食】

・シイタケと鶏団子の豆乳鍋(2人分)

 材料:豆乳(400ml)・だし(お好みのもの)・白菜(6枚)・人参(4分の1本)・春菊(半束)・シイタケ(1パック)
    鶏胸ミンチ(150g)・豆腐(半丁)・ごまだれ(市販のもので良い)

※コレステロールを下げてくれる豆製品や食物繊維が多いシイタケ・緑黄色野菜の春菊・人参などが摂取できる理想的なお鍋です。

※簡単で美味しい

※ごまだれにもオレイン酸が含まれているのでコレステロールを下げる効果が期待できます。

※鶏の胸肉を使うことで、カロリーも抑えられます。

こちらも参考に。高コレステロール改善ガイド!おすすめはサプリメント!

ひざ上・ひざ下の色々な脱毛方法

男女ともまず脱毛したい場所といったらひざ上・ひざ下のムダ毛ではありませんか?濃い人って、本当に濃いですよね。最近は、男性でもけっこうすね毛を気にする人が多いようです。

女性なら、なおさらですよね。脚を露出する夏などにむけて、自分でもわりと処理しやすいのがひざ上のムダ毛です。その方法として、一番ポピュラーなのがカミソリや電気シェーバーです。手軽で、いっぺんに広い面積を処理できるし、コストもかかりません。

カミソリも電気シェーバーもヘッドが動くものの方が肌にフィットするので、きれいに仕上がります。それでも、小さな傷がついてしまったり、肌への負担がけっこう大きいことを知っておくことが大切です。必ずジェルやクリームをつけて剃るようにしてください。
脱毛テープは一気に処理できていいのですが、痛みが伴います。痛いのが苦手な人には不向きでしょう。毛が長いと痛みも倍増します。短くカットしてから使うというのも、痛みを軽減するひとつの方法です。いずれにしても、すぐに生えてきてしまうムダ毛。黒くポツポツが現れるのは時間の問題ですね。

家庭用脱毛器は、広範囲に向いたものとピンスポットに向いたものがあるので、よく確かめましょう。ひざ上・ひざ下のムダ毛のように濃かったり、太かったりしているものには効果的でも、細かったり、薄かったりする毛の脱毛には向かないもののあります。産毛にはあまり効果がなく、毛の薄い人にはちょっと手応えがないかもしれません。

眼科医でのドライアイ治療

ドライアイというもの、必ずしも治療しなければならないというものではありません。目薬をさして我慢できる程度であればそれで済んでしまう人もいるでしょう。

しかし症状が悪化してしまった場合や、目薬を指しているくらいでは生活に支障をきたすようであれば治療を考えねばなりません。治療の基本は眼科医で処方してくれる目薬です。

これだけで症状が良くなる場合も多いので、多くの眼科医で処方されています。それだけで症状が改善する兆しがなかった場合は本格的な治療を検討することになります。

方法によってはドライアイ専用のメガネを掛けるとか涙点プラグというものもあります。いずれにせよ、まず眼科医で適正な診断を受けることが寛容です。症状によってどの治療法が一番合っているかは違ってきます。

自分に一番あった治療法を見つけるためにも眼科医にはなるべくがまんせず早めに行っておいたほうがいいですね。早めに眼科医にかかっていれば目薬だけでドライアイを莞治させることも可能なようです。

しかし、ドライアイの症状をこじらせて目の痛みが続くようになると手術ということになってしまうこともありますですから自分の症状がドライアイかどうか正しい判断を眼科を訪ねてお聞きしたらいいですね。

場合によっては生活習慣や食事の改善などを指示される場合もありますので、長い目で見て自分の状態を改善するようにしていったらいいでしょう。

インディアン伝承シャンプーの成分と働き

インターネットの通販のみで100万本もの売上本数を獲得し、今大変反響を呼んでいるシャンプーと言えば、ネイティブ・アメリカンのナバホ族をきっかけに誕生した「インディアン伝承シャンプー」です。髪の毛の長いネイティブ・アメリカンのナバホ族は髪の毛を非常に大切にしていらっしゃるのです。

髪の毛を清潔に保つための彼らの秘訣に基づき誕生したシャンプーがこのインディアン伝承シャンプーというわけです。抜け毛や痒みの原因のほとんどは、頭皮の汚れにあると言われています。「頭皮の汚れがよく落ちる」と評判のシャンプーについては巷でいくつか販売されていますが、それらを使ってゴシゴシ洗うと、頭皮にダメージを与えてしまう結果となりかねません。

頭皮にダメージが加わると、本来生えてくるはずの髪の毛も生えてこなくなってしまいますので、洗髪には注意しなければなりません。このシャンプーにはインディアンによって伝授された4つの天然成分(ホホバオイル、ベントナイト、ユッカ根エキス、グレープシード)が配合されており、これを使っていくうちに、頭皮をベストな状態へと導くことができるのです。インディアン伝承シャンプーに含まれる4成分の働きは以下の通りです。
①ホホバオイル―頭皮の汚れを除去することができる。
②ベントナイト―頭皮の毛穴の皮脂をきれいに落とすことができる。
③ユッカ根エキス―頭皮の状態を正常に保つことができる。
④グレープシード―頭皮の皮脂が酸化するのを防ぐことができる。
これら4成分が互いに作用し合うことで、髪の毛や頭皮にダメージを与えることなく、髪の毛や頭皮を清潔に保つことが可能となります。

より高い育毛効果を得たいなら、頭皮のタイプに合ったものを選ぶとよいでしょう。ちなみに、頭皮のタイプに応じて以下の2タイプのシャンプーが販売されています。
①通常タイプ―頭皮の乾燥が気になる方向け。
②さっぱりタイプ―生まれつき頭皮が脂っぽい方向け。
「さっぱりタイプ」に関しては、メントールが配合されており、すっきり洗い上げることができます。インターネットでしか販売していないということもあり、このシャンプーに対して不信感を抱いている人も少なくないでしょう。

このシャンプーを購入した人のほとんどは、半信半疑ながらも、ナバホ族のインディアンの髪の毛を連想し、注文へと至っているようです。そして、実際に使用してみたところ、「抜け毛が減り、髪の毛にツヤが出始めた」という口コミを残している人が多いのも事実です。